FC2ブログ

ごきげんカメラマンのおもしろ役立ち日記

人が好きっ!写真も好きっ人生を素晴らしくするインフォのブログ

商品撮影は多聞写真スタジオへどうぞ
プロフィール

おしごとジョーズ

Author:おしごとジョーズ
多聞写真スタジオブログへようこそ!ぶつ撮りってなんだ?

24時間営業中!商品撮影の
多聞写真スタジオのHPはこちら


facebook ←もよろしくね。


就職活動(就活)用の撮影のサイトはこちらをご覧ください。


☆今はやりの遺影写真もどうぞ。

☆ライティングに関する質問も大歓迎!
メールはこちらからお気軽にどうぞ。

多聞写真スタジオ
〒232-0071 神奈川県横浜市南区永田北3-8-2-502 tel/fax 045-514-8102、090-4966-8565

商売の世界で30年間のれんを守れるとよしとされますがわがスタジオもあと二ヶ月で31年目に突入です。
 噺家の世界では40、50は洟ったれっていいますな。
年齢のことですね。
するってえとあたしゃまだ初等科ってとこですかね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 2009年09月

商品撮影   2009.09.29

テーマ:写真家の仕事 - ジャンル:写真
プロのライティング

ライティングの写真を見せてもらっても分からんと言うことでしたのでひとつ解説をいたします。

スタジオでのライトとか機材の配置などはじめて見たときには何がなんだかさっぱりわかりませんね

助手時代、わたしもそうでした。ライトがいっぱいいろんなところにあたっていてはたしてどこがどうなっておるのか、、

というよりその非日常性的な雰囲気に目がくらんでいました。

それで助手時代にはスタジオからもどって思い出しながら手書きでライトの位置とかノートに描きました。

それが今だに役立っているわけでして、

前回掲載しましたボトルのライティングですが
ボトルなど透明ものは基本的には逆光がいいと思います。
透明感が出しやすい。
が もちろん好みもあります。

この場合はレイアウトも考えておおきな半透明のバックを使用。
この半透明のバックというのは写真材料店、たとえばセットショップで販売してますが仮のものであれば
ホームセンターなどでも入手できるのではないでしょうか。
ボトルの背後にたてて後ろにライトを仕込んでます。

ライトはボトルにあてます。
さらにブルーの色のセロファンをくわえてます。
それでブルーを強調しているわけです。
あくまでもイメージ写真なので。

ボトルに入っているハイライトはカメラから向かって左から当てます。
そうすると白い縦の光が入ってボトルの形や質感がでます。
このハイライトの入れ方はカメラマンや依頼主(クライアント)の好みです。
街でよく見かけるワインや日本酒の写真でそれが分かります。

グラスはべつ撮りしたものを合成してます。

«  | HOME |  »