FC2ブログ

ごきげんカメラマンのおもしろ役立ち日記

人が好きっ!写真も好きっ人生を素晴らしくするインフォのブログ

商品撮影は多聞写真スタジオへどうぞ
プロフィール

おしごとジョーズ

Author:おしごとジョーズ
多聞写真スタジオブログへようこそ!ぶつ撮りってなんだ?

24時間営業中!商品撮影の
多聞写真スタジオのHPはこちら


facebook ←もよろしくね。


就職活動(就活)用の撮影のサイトはこちらをご覧ください。


☆今はやりの遺影写真もどうぞ。

☆ライティングに関する質問も大歓迎!
メールはこちらからお気軽にどうぞ。

多聞写真スタジオ
〒232-0071 神奈川県横浜市南区永田北3-8-2-502 tel/fax 045-514-8102、090-4966-8565

商売の世界で30年間のれんを守れるとよしとされますがわがスタジオもあと二ヶ月で31年目に突入です。
 噺家の世界では40、50は洟ったれっていいますな。
年齢のことですね。
するってえとあたしゃまだ初等科ってとこですかね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 2014年12月

超人機メタルダー!   2014.12.14


こちらの作品はコトブキヤ製のキットであります。

なにげない色使いですがよくよく見るとディテールまできっちりの塗り分けられていてさすがに ガレキ(一点もの)。


量産されたものとは雲泥の差があるということで、こだわり は大切。

なので写真撮影だってこだわりたいものです。


以前八月にスタジオにお出でいただき作品について熱く語っていただきましたが今回もやはり情熱的でスタジオの中も熱気にあふれた撮影でした。


今回も車の撮影カットもありましたがミニュチアサイズとはいえ ライティングの基本は同じ なんです。


もちろん人物だって同じ、もちろんライトの数やレフ板、ディフューザーの数や規模は段違いではありますが基本は同じ。

車の撮影では光の当て方はほどんどがバウンス光、つまり反射させた光をひろうことで車に光の濃淡を付けて行きます。

ダイレクト光は車の色を出す時だけでそのためには丸いドーム型のスタジオを使うこともあります。


車の存在感を出すには人が乗った状態を表現するために人数分のおもりを乗せます。


ま、撮影にはいろんな ノウハウがある んですね。


i2
多聞写真スタジオ©

青い目の部分だってしっかり輝いているのです(チョット分かりづらいけど)

i9
多聞写真スタジオ©


i24
多聞写真スタジオ©



さらに詳しくこだわりの世界を見たい方はこちらハチべえさんのブログを訪ねてみてね。



商品撮影は多聞写真スタジオにおまかせください。
«  | HOME |  »